猛威を振るったインフルエンザ、新薬であるゾルフーザは使えるのか。


スポンサーリンク

薬剤師目線:新規抗インフルエンザ薬(ゾフルーザ)

新しく2018年3月に日本で薬価収載(発売)された薬、ゾフルーザ。
海外とのドラッグラグ(アメリカなどで使用できる薬剤が、日本で使用できない)の状況を打破すべく、設置された先駆け審査制度の対象となり、かなりのスピードで厚労省に承認された(使用が認められた)ゾフルーザ。

メリット

新しい作用機序として開発された薬品で、一番のいいところは、

メリット
1回飲めばそれで治療が終了

という点です。
私自身はあまりインフルエンザに罹ったことはありませんが、やはり高熱関節痛などかなり辛い症状で困ると思います。従来はイナビルという吸入の薬やタミフルがありましたが、吸入は結局、
「吸えたかどうか、わからない」

 

「吸えたかどうか、わからない」

 

「5日間1日2回も飲まないといけない」

などで、効果を実感する人もいたりいなかったり。
それが、1回で済むのであればかなりいい薬だと思う人も多いと思います。
ちなみに、それ以外にも耐性のインフルエンザウイルスにも効くというかなりのメリットはありますが、薬剤師としてはかなり心配な点も多々あり………。

まずは基本となる添付文書を参照してみましょう。
かなり添付文書としては、シンプルだと思います。見る限りでは特に問題は無さそう………と思いましたか?

問題は大アリだと思います

デメリット

なぜなら併用禁忌や注意の薬の数が少なすぎること。
そして重度の肝機能障害の患者には使用経験がないにもかかわらず、慎重投与に。

理由を詳しく説明します。
ゾフルーザは新しい仕組みでインフルエンザウィルスに効く薬です。これは間違いありません。
そのほとんどが肝臓で代謝されます。
代謝にはp450の代謝酵素であるCYPが関与します。
詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

現状実在する薬でこの代謝酵素で代謝される薬は山ほどあります。ですが、そのほとんどと併用しても注意や禁忌がない。。

それならいいじゃんと思う人もいるかもしれないので、言っておきますが、記載がないのは検証したけど問題ない場合と、検証してない場合があります。
そしてゾフルーザの場合は後者。。
そう、

注意
検証できていないんです

そしてメリットでもある一日一回飲めばいいという点。
逆に言うと飲んだら効果が長く効くということです。特に問題なければいいのですが、副作用が出た時も体からなかなか抜けないという欠点があります。

発疹や紅斑くらいならまだしもショックなど起こしたとしてもです。
そして何より薬価、そう値段が高いんです。タミフルを五日間飲んだ場合とイナビルを使った場合、どちらに比べてもです。

さらには日本において、もしくは世界的にも耐性のインフルエンザはほとんど流行していません。
日本に至っては耐性インフルエンザウイルスに感染した報告は皆無。。。
さらにさらに、10kg以上あれば子供でも使えますが、その効果を検証した試験(臨床試験)はシングルアームでしか行われていない。
シングルアームとは通常プラセボとゾフルーザのように、対象の薬剤を設定するのが普通ですが、ゾフルーザ投与した患児でしか検討していないという意味です。

まとめ

メリット

  • 一回飲めばそれで治療は完了
  • 耐性のインフルエンザウイルスに効く

デメリット

  • 高価
  • 副作用出たら抜けにくい
  • 他の薬との相互作用が不明

あなたならこの新しい薬、使いますか、希望しますか??

秋から冬にかけてインフルエンザは毎年、猛威を振るっています。
昨年は10月の時点ですでに流行が始まっていました。
もちろんかからないようにする、マスク・咳エチケット・ワクチンは重要ですが、なった時に使う薬についても少し考えておいたほうがいいかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!