高血圧予防に身近な食品~お酢で予防~


スポンサーリンク

身近な食品であるお酢

実は高血圧の予防や整腸作用など、さまざまな健康効果が認められています。

生活習慣病の中でも多くの人が問題を抱えている、高血圧。

今回参考にした書籍はこちらです。

薬剤師目線:お酢の力について~高血圧予防~

実は、塩分を控えるよりも酢を毎日とるほうが効果があるとも言われています。
そう、お酢には数々の健康効果が認められているのです。

その中でも、もっとも有名なのは高血圧予防です。

お酢の酢酸には、血圧の上昇を抑える働きがあります。

では、どれだけ飲めばいいのか。
飲みすぎてもそこまで問題はないお酢ですが、そんなにたくさんは飲みたくないですよね。

実際の飲む量としておススメされているのは、

酢を大さじ1杯(15mL)を、 毎日とると血圧が下がることが確認されています。
さらに大さじ2杯とれば、その効果はわずか数日で現れるとも。

ただし、酢をやめてしまうと、血圧はもとの状態に戻ってしまいます。
少し大変ですが、毎日大 さじ 1~2 杯をとることが大事です。

何事も継続することが重要なんですね。

「高血圧対策には塩分を控えなさい」

とよくいわれますが、実は酢を毎日とったほうが、目に見える効果が実感できるといわれています。

お酢の力~整腸作用~

酢は腸内環境を整えて、腸の働きをより活発にするともいわれています。

また、血中の総コレステロール値が高い人を対象にした実験でも、酢の健康効果が実証されています。
酢を毎日大さじ1杯とった人はそうでない人に比べ、血中の総コレステロール値が低下していたのです。

さらに、酢をとることでカルシウムの吸収率が高まるので骨粗しょう症予防にもなります。

やはり中でも注目すべきはは、お酢の腸内環境を整える効果についてです。

腸内フローラ

私たちの腸には、約200種100兆個もの細菌がすんでいます。

彼らは仲間の細菌たちと集団をつくって生息しています。
その姿はまるで色とりどりの花が咲き誇るように美しいことから「腸内フロ ーラ」と呼ばれています。
最近ではテレビ番組などにも取り上げられているので、耳にしたことあるのではないでしょうか。

腸内細菌は、その働き方から便宜上

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

と分類されています。

腸内フロ ーラは、「日和見菌7割、善玉菌2割、悪玉菌1割」が理想のバランスです。
悪玉菌といっても、まったくいなければいいものでもないんですね。
何事もバランス大事。

腸名フローラが理想のバランスに保たれていると、腸内環境は整います。

短鎖脂肪酸をたくさんつくり出せるので、腸の働きがより活発になります。

ビフィズス菌

お酢には、ビフィズス菌のエサになる「グルコン酸」が豊富です。
ビフィズス菌は善玉菌を代表する仲間の一種で、嫌気性という酸素を嫌う性質を持ちます。
その性質によって、酸素の少ない大腸内に多く存在します。

お酢に含まれるグルコン酸を大腸に送ってあげることは、善玉菌の繁殖力を高める効果があります。

じつは、大腸内は、もともと悪玉菌が繁殖しやすい環境にあります。
悪玉菌は便をエサに繁殖していくからです。

悪玉菌が優勢になると、大腸内での腐敗が進み、有害物質をつくり出します。
有害物質は腸壁の働きを滞らせ、腸のなかを汚します。
そうして悪玉菌たちは、自分たちがすみよい環境をつくっていきます。

しかし、ビフィズス菌のような善玉菌が大腸内で繁殖していると、悪玉菌は異常増殖できなくなります。

善玉菌優勢に腸内フローラが整うと、短鎖脂肪酸の生成量が高まるからです。

短鎖脂肪酸

短鎖脂肪酸は酸性の性質を持つため、善玉菌が増えれば腸壁が酸性に整います。

悪玉菌は中性からアルカリ性の環境を好み、酸性の場所では増殖力を停滞させます。

反対に、善玉菌は酸性の場所を好み、増殖力を高めるのです。

こうした理想の腸内環境を築くうえで、お酢のグルコン酸はとても有効なのです。

リンゴ酢のお湯割りで、腸を元気に

1 日 1 杯のリンゴ酢をお湯割りで飲むだけで、腸は驚くほど元気になります。

ただ、お酢がいくら腸の健康によいといっても、原液のまま飲んではいけません。
酸が強いあまり、口の中や食道、胃の粘膜などを荒らしてしまいます。

酢の物が好きな人は、酢の物を食べるのもいいでしょう。

他にはこれからの寒い季節に温かいドリンクにして飲む人こともおススメです。

最近は「そのまま飲める酢」も多く流通しています。

ただ、市販で売られている「そのまま飲める酢」は飲みやすいように、食品添加物や合成甘味料が加えられていることがあります。

それならば、添加物を含まないリンゴ酢などのフルーツ酢に、大さじ 1 杯のハチミツを加え、お湯で割って飲んではいかがでしょうか。 お湯で割ると腸が温まり、蠕動運動も活発になります。

まとめ

お酢の驚くべき効果について、記載しました。

高血圧だけでなく、コレステロールを下げたり、骨粗しょう症にも効果があります。

特に重要なのは、整腸作用

これから寒くなり感染症も流行する季節になります。

1日1杯、リンゴ酢のお湯割りを飲むことで腸を元気にし、寒い冬を乗り切りましょう。

今回読んだ本は以下のものです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!