【現役薬剤師が解説する奨学金】薬学部の学費と奨学金、教育ローンについて。


スポンサーリンク

国公立大学よりも私立大学。
文系よりも理系の方が一般的に学費はかかると言われています。
特に医療系の学部は学費が高いのは、有名なこと。
今回は薬学部の学費とそれを補うべく、奨学金についてまとめました。
薬学部は国家試験を取得することを考えると、6年制を選択しなければなりません。
私学だと6年間の学費は1200万程度かかるともいわれています。
実際の私の体験も併せて見て頂ければと思います。

薬剤師目線:日本の奨学金事情について

厚労省の調査によると、実際に奨学金を利用している学生の87%は生活保護世帯といわれています。
大学生全体を調べた別の調査では利用率は49%という結果で、年々増加しているとも言われています。
中でも、返済が必要な貸与型奨学金の利用がほとんどで、困窮世帯の子供が事実上の借金を背負い、不利な状況に置かれる「貧困の連鎖」につながる恐れがあります。
この調査は2017年4月1日時点で大学や短大、専門学校などに在籍している学生で、生活保護の家族と同居している4445人を対象に実施されました。
そのうち回答が得られたのは、2025人。
奨学金利用の内訳(複数回答)は貸与型が69%で、給付型が9%などとなっています。
年間の平均受給額は貸与型で116万4千円、給付型では37万7千円でした。
年間の収入を種類別に見ると、親ら家庭からのお金が一般学生では 118 万1千円だった一方、生活保護世帯の学生は5万5千円という驚きのデータもあります。
そのため、残りは奨学金とアルバイトで賄っており、奨学金の額は一般学生の2.8倍、アルバイトによる収入も1.8倍でした。
受験で塾や予備校などを利用した学生は11%どまりで、60%は「学校の教材を使用して一人で勉強した」と答えています。

奨学金の種類

奨学金と一言で言ってもいろいろな種類があります。
大きく分けると貸与型と給付型。
日本の奨学金事情でも少し触れましたが、貸与型は返済の義務がありますが給付型は返済義務なし、もしくは一定の条件を満たせば返済しなくていいものを言います。
さらに、大学や地方公共団体による奨学金、民間の奨学金制度もあります。
奨学金が何らかの理由で借りられない
または、奨学金だけでは足りない場合は教育ローンというものもあります。
教育ローンも無理な場合は、
  • 入学時特別増額貸与奨学金
  • 生活福祉資金貸付制度
  • 母父子寡婦福祉資金貸与金

などがあります。

日本学生支援機構

日本で一番メジャーな奨学金を貸し出している、独立行政法人です。
第1種と第2種にわかれていて、第1種は無利息であるのに対し、第2種は利息がつきます。
世帯の年収などで借りられる奨学金が決まります。
詳細はこちらを。

大学や地方公共団体による奨学金

大学・地方公共団体による奨学金はこちらから検索できます

民間の奨学金

民間の奨学金は、条件さえ合えば給付型として奨学金を運営している場合もあるので、一度はチェックしてみてもいいかもしれません。
返還の義務がない民間の奨学金検索はこちらから。
薬学部の目線で考えると、帝人奨学会
薬学独自のものとしては、私自身もお世話になった鈴木万平記念薬学奨学基金もあります。

教育ローン

世帯年収などの各種条件のある教育ローン。
利息はあり、奨学金は学生の期間は返済義務がないのに対して、教育ローンは借りた次の月から返済が始まります。
もちろん、救済措置として学生期間中は利息のみ払うことも選ぶことができます。
また、借主は国の教育ローンの場合は保護者。
子供の学力は不問です。(国の教育ローンの場合)
詳しくは、こちらを参照ください。

入学時特別増額貸与奨学金

1種か2種の奨学金を受けている人で、教育ローンが受けれなかった人のみが受けれる奨学金の制度です。

生活福祉資金貸付制度

市区町村の社会福祉協議会が窓口となります。
低所得世帯や他から借り受けることが困難な世帯(市長身民税非課税程度)が対象となります。
この制度の場合は無利子で借りることが出来ます。

母子父子寡婦福祉資金貸与金

市区町村の福祉担当が窓口となります。
母子家庭・父子家庭が対象で、こちらも無利子で借りることができます。

まとめ

学生が利用できる奨学金と教育ローン、その他の制度についてまとめました。

世帯の年収や、学年の条件などによってい利用できる制度に差はありますが、薬学部の高い学費を払うためには、ぜひとも給付型の奨学金を得たいところです。

大学として薬学部を目指した時点で、奨学金事情はチェックしておいたほうがいいかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!