梅雨の時期の洗濯乾燥にサーキュレーターを勧める理由


スポンサーリンク

梅雨の時期。雨が続くと困るものはたくさんありますが、日常生活で特に困るのが洗濯もの。

外で干すことができないために、乾きにくいことはもちろん、部屋干しなどすると生乾きなどで匂いがきになります。

ここでは梅雨の時期の洗濯ものの乾燥に、サーキュレーターを使うことをお勧めする理由を記載しています。

梅雨の時期の洗濯乾燥に:サーキュレーター

サーキュレーターはそれだけで使用しても洗濯ものを早く乾かすことができますが、より効率よく乾かすために浴室乾燥と併用する方法があります。

浴室乾燥で使えるサーキュレーターは限られている

サーキュレーターの種類は様々ありますが、浴室で使用できるサーキュレーターは限られています。

それはなぜか。

浴室にはコンセントがないからです。そのため、浴室内の浴室乾燥を併用する場合は充電式のサーキュレーターしか使えないのです。

私自身も浴室乾燥をよく使って洗濯ものを乾かしていますが、それだけでは風向などによって乾き方にムラが出ます。そして乾いていないとお風呂場という密閉空間のため生乾きの匂いがかなりきつくなります。

そのため、サーキュレーターがおすすめですが通常よく販売されているサーキュレーターはコンセントがついたものがほとんどです。

また、充電式のものは実際に届いてみると小さくて洗濯乾燥には不向きなものが多いのが現状です。

通常コンセントがある場所で使用するサーキュレーターとしては、DCモーターが搭載された以下のようなサーキュレーターがおすすめです。

風量は問題なく、首振りなどもできていい商品ですが、充電型ではありません。

梅雨の時期の洗濯乾燥は、乾燥機と浴室乾燥併用がおすすめ

浴室乾燥を使うにしても、洗濯もの全てを浴室乾燥で乾かすことは一人暮らしなど洗濯ものの量が少なくないと難しいです。

家族などがいる場合には、どうしても増えてしまう洗濯もの。

これを解決してくれる方法が、乾燥機と浴室乾燥の併用です。

タオルなどはどうしてもかさばるのとたくさん干してもなかなか乾かないため、乾燥機向きです。

しかし、それ以外の洋服やTシャツなどは乾燥機を使用すると縮んでしまったりと、洋服を傷つける可能性があるため、乾燥以外の面からも大事な洋服は浴室乾燥を使用したほうがおすすめです。

浴室乾燥の時間目安

タオルなどの乾燥は、洗濯乾燥機にまかせればいいですが、浴室乾燥をするとなると時間設定をしなければなりません。

乾燥したい洗濯ものの量によりますが、一般的に浴室めいっぱいに干した場合にすべての洋服が乾燥するために必要な時間は4時間から5時間です。(私見ですが、実体験に基づいています。)

しかし最初に説明したサーキュレーターを使用することで、3時間程度に乾燥時間を抑えることができます。

充電式のサーキュレーターであれば、電力としてもたいして使わないため、温風を使いガスと電気を消費する浴室乾燥の時間は、たとえ1日30分から1時間でも短いほうがいいことは言うまでもありません。

3時間よりも短くすることは浴室の構造やサーキュレーターとの相性などがよければ可能ですが、乾ききらないリスクを考えると短くても3時間にしておくことをお勧めします。

充電式のサーキュレーターの値段

浴室で浴室乾燥を使って洗濯ものを乾かす場合、サーキュレーターの使用が効率的です。

サーキュレーターはいろいろな種類がありますが、浴室で使用できるサーキュレーターは充電式のものだけです。

コンセントが必要なものはパワフルですが、浴室にコンセントはないため、浴室の入り口を開けて使用しなければなりません。

これは浴室乾燥をする上では非効率です。

空いた隙間から、浴室の温風がでていってしまうためサーキュレーターを使用しても十分に乾ききらないばかりか、蒸し暑い梅雨の時期に浴室の全室、だいたいが洗面所だと思いますが、そこまで蒸し暑くなり、最悪です。

ただ、手持ちタイプのような小さなものではパワーがなく浴室に立てかけるわけにもいきません。

そのため、充電もできて浴室で効率的に乾燥できるサーキュレーターはこれです。

これであれば風向を二つ別々の方向に風向きを向けることができます。

しかし、少し高いのも難点です。

それなりのコストパフォーマンスはみせてくれますが、ある程度費用を抑えたいのも事実です。

これであれば、充電だけでなく乾電池でも使用可能です。

充電中も使用できるものであれば、洗濯乾燥をしていないお風呂上りに涼風を得るために使用することもできます。

サーキュレーターはさまざまありますが、自分の家にあったものを選んで梅雨の時期の洗濯乾燥を乗り切りましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!