過食は老化につながる!腹八分目が重要!!


スポンサーリンク

薬剤師目線:過食の影響は見た目にも

食べ過ぎは健康に良くない。
腹八分目にしておいたほうがいい。

などど言う言葉は、大半の方が聞いたことがあるのではないでしょうか。
では、食べ過ぎが実は老化につながる。または関係あると聞いたことはありますか?

実は「腹八分目」は化学的に正しく、立証された内容だったのです。

過食の害、老化が進む

昔から「腹八分目にしておけば、医者いらず」と言われています。
その通り、
じつは「過食」は肥満や生活習慣病をもた らすだけではなく、「老化」が進み、「見た目」も老けさせてしまうのです。

これには環境の変化も、大きく関係しています。
いつでも食べられるこの時代。

空腹を感じる機会も減り、何か食べたくなったら 24 時間営業のファストフード店やコンビニエンスストアに行けばすぐに食べ物や飲み物が手に入るようになりました。
お手ごろな食べ放題コースがあるレストラン、ホテルのビュッフェなどであれば、いつでもお腹いっぱい食べることができます。
むしろ、食べ放題やブッフェではたくさん食べた方が得!!と思って、普段よりも過食になる傾向は多いのではないでしょうか。
今から 50 年ほど前に広がり始めたこのような食環境は、今や日本人にとって当たり前のものになりました。

ここで質問です

皆さんは「ああ、お腹が空いてぺこぺこだ」と感じてから食事をすることは、週に何回くらいありますか?
会社や病院などの職場では業務のために割く仕事時間が長くなり、家では全自動の洗濯機や食洗機、ロボッ ト掃除機などを利用する機会が増えてしまったために、しっかり体を動かし、食事でとったエネル ギーを使い切り、爽快な空腹感を感じる機会が減っているのではないでしょうか?

かつて人間は空腹を合図に生き延びるために頭を使っていました。
人類の誕生以来、そうこのつい最近まで、私たちはずっと飢餓や空腹と闘い続けてきました。
空腹になったときに体をどう調整するかということに関して、私たちの体は何十万年にも及ぶ経験値を遺伝子に刻みこんでいるのです。

お腹が減るということは

お腹が減るというのは、前に食べた食事の消化吸収が終わったという合図です。
お腹がグーッと鳴る音は、腸が蠕動運動を始めたしるし。
消化吸収が終わり、体が排泄モードになったということです。
そのため、「モチリン」というホルモンが働いて、排泄に向けて腸の動きを活発にする。 排泄モードになるのと同時に次の食事を受け入れる準備も整うので、胃から脳に向かって「グレリン」というホルモンが分泌されます。

グレリンは空腹だという信号を脳に届けつつ、短期記憶を担う大脳の海馬に、もともとはこんなメッセージを送っていたに違いない。
「どうやって前の食事を得たか思い出して、行動を起こせ! さもないとこのままでは先がないかもしれない」
空腹を合図にして、生き延びるために頭を使うこと──これこそが、人類の脳が発達した理由の 一つかもしれません。

空腹時間がある程度続くと、エネルギーを無駄遣いしないよう人間の体はエコモードのスイッチが入ります。
さらに、長寿遺伝子と呼ばれる遺伝子群を活性化させて、次に食事にありつけるまでの間、生き延びるための身体機能を高めようとするのです。

過食は便秘の原因にも

最近問題となっている生活習慣病。
飽食への時代変化に対応できない 人間の体の悲鳴が生活習慣病として表れているのかもしれない?

私たちの細胞は常に活動を行っていますが、燃料を燃やしてエネルギーをつくるので、当然ゴミが出たり、壊れる箇所が出てきたりもする。
車などと同じですね。
これらの修復作業が活発になるのも空腹のとき。オートファジー(自食作用)機能が活性化することにより、細胞中の要らないゴミを処理し、再生させること がわかっています。
これは 2016 年にノーベル生理学・医学賞を受賞した学説です
一方、日本人が「お腹が減ってもいないのに食事をする」というような、恵まれた食環境で暮らせ るようになったのは、ほんのここ半世紀程度のこと。 まだ経験が十分ではない。

そのため、空腹を感じていないのに次の食事を食べてしまったら、体は排泄モードになるタイミングや、細胞再生スイッチをオンにするきっかけを逸してしまうおそれもある。
このような、心身の声と唱和しない食行動が排泄障害、つまり便秘の原因の一つなのかもしれない。



飽食に対応ができていない体の困惑と悲鳴が、肥満や 2 型糖尿病、脂質異常症、高血圧とい った生活習慣病につながっているといっても過言ではないかもしれません。

過食によって老化が進行し、寿命も縮む

実際にサルを用いて検証した研究があります。
老化に関連する病気の発症率を検討したもので、カロリー制限で老化関連死が減少したとのこと。
カロリーを制限すると、過食による老化が穏やかになり、長寿となった。

人間では実施が難しい試験ではありますが、1980 年代後半に、米国の 2 つの施設で行われました。

  • 食べたい量の食事を食べられるアカゲザル と、
  • カロリー制限をした食事で生活するアカゲザル

の健康状態や寿命を比較調査する研究。

2 つの施設とは、 米国立老化研究所(NIA)と米ウィスコンシン大学。

平均寿命約 27年のアカゲザル(以下サル)を、30 年以上にわたって観察し続けるという、気の遠くなるような研究です。 NIA でもウィスコンシン大でも、カロリー制限群のサルの食事では、好きに食 べられる(自由摂食)サルたちの食事に比 べ、約3割のカロリーカットをした。

人間として考えたら、1日で3割カットですから「腹七分目」くらいでしょうか。

しかし、自由摂食とはいっても、サルたち の食事は、2 つの施設では内容が違いました。
NIA では、ほぼ好きに食べてもいい量で、過食にならない程度には抑えられ、しかも 大豆や魚といったいわゆる“健康によい食材”も入った 食事でした。
一方、ウィスコンシン大のサルは、本当の“食べ放題”で、砂糖を多く与えられるなど、栄養組成もあまりよくありませんでした。
いわば、過食かつ栄養バランスも悪いという食事内容 です。

現代の人間の食事と似ている部分は多いかもしれません。

観察の結果

さて、興味のある観察の結果ですが。
ウィスコンシン大のカロリー制限サルでは、明らかな寿命延長効果があったが、NIA のサルでは 明確な差は出ませんでした。
その後、両大学で双方の研究結果を一緒に分析した結果、やはり、カロリ ー制限食には、加齢に伴う病気のリスクの低下や、健康寿命を延ばす効果があることがわかり、2017 年に共同で論文が発表されました。

実際に公開された研究後のサルの写真を比較すると、
カロリー過多で栄養バランスが悪い食事をしたサルたちは、同い年の他のサルに比べて明らかに見た目が老けていたと言われています。
この結果は、 過食による老化の進行は見た目にまで表れるとして話題を呼びました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ちょっと難しい内容もありましたが、実際の研究からも過食は老化に関係するのではないかという結論となりました。

貝原益軒が『養生訓』に記した
「食事は腹七、八分でやめること。食べ過ぎると病気になる危険がある」
という考え方は、まさにまとを射ていました。

先人がどのようにその結論を導き出したかは興味のあるところですが、300 年の時を経て、その理論の実証がようやく果たされようとしています。

詳細などもっと興味のある方は、こちらの書籍をご参照ください。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!