ナッツは高カロリーは間違い!?実は寿命が延びる


スポンサーリンク

インターネットが普及して、多くの情報が飛び交う中で信頼性の高い情報をうまくつかみとることが重要。
それは医薬品に限らず、食べ物についても同じことで、正しい情報がとても大切。

世の中にはまことしやかな健康情報」が、日々次から次に流れています。

この食材を食べると「やせる」、「血液さらさらになる」などとテレビで放送されると、翌日にはスーパーからその食品が消えるといったことが繰り返されています。
マスメディアの広告力半端ない!!

しかし、実際にはその情報の信頼度はバラバラというかほとんど信頼性のないものが多いような気がします。
何の科学的証拠もないものが「とても健康にいい」 と喧伝されていることも少なくありません。

○○フリーなんていうのも、その一つかもしれません。

日本人にとって、【グルテンフリー】は本当に必要?

2018年9月7日

では、いったい何を信じればいいのか。
正しい情報とはなんなのか。

実際に本になっている『ハーバード医学教授が教える健康の正解』からの抜粋しました。
この中では、信頼性の高い膨大な研究を分析し、そこで明らかとなったことから、「これだけは間違いなく『いい』 と断言できる」という食物・習慣を抽出しています。

薬剤師目線:ナッツとがんの関係

ナッツは実は、多く食べるほど「寿命」が長くなるといわれています。

様々な研究者が、ナッツとがんとの関連性を調べ始めていて、たとえばピスタチオが肺がん予防に何らかの効果があることが、動物実験では確認されています。

海外のがん研究所が発表した研究では、1 つかみのナッツを定期的に食べる人は、まったく食べない人に比べて、30 年間の全死因死亡率が20%低かったというものがあります。

この研究は、アメリカ国立衛生研究所とナッツ業界から資金提供を受けて行われたも ので、看護師健康調査の女性 7 万 6464 人から 30 年かけて収集されたデータと、医療従事者追跡調 査の男性 4 万 2498 人から 24 年間で得られたデータが分析されました。

分析の結果、がんや心臓疾患、呼吸器疾患による死亡率に大幅な低下が認められたとのことで、どの種類のナッツを食べるかは問題ではないと記載されています。

しかし、なぜそうなるのかはまだ解明されていません。

ナッツを食べると痩せる!?

実際にナッツのどの成分に健康効果があるのかは解明されていませんが、減量や体重維持に役立つとも言われています。

ナッツの食べ過ぎは太るというのが、長年の通説でした。

実際、カロリーが高く太りそうだからという理由で、ナッツの常食を避ける人もいるのではないでしょうか。
しかし、うれしいことにいまでは多くの研究が、ナッツのせいで体重が増えることはほとんどないと結論しています。

2013 年に発表されたスペインの 31 件のナッツ摂取に関する研究のメタアナリシス(研究の中でも信憑性の高い研究手法)があります。

この研究では、参加者の大半がほとんど、またはまったく体重が増えず、「健康的でバランスのとれた食事にナッツを加えることで、インスリンを安定させ、空腹を抑えることができる」と報告されました。

食事の一部をナッツに置き換えた参加者は、体重が平均約 635 グラム減り、ウエストは約 1.3 セ ンチ細くなるという結果が出ました。
これにより、「ナッツの摂取が肥満を促すという不安は払拭された」と結論づけられています。

もちろん食べ過ぎは禁物です!

過食は老化にもつながるため、注意が必要です。

過食は老化につながる!腹八分目が重要!!

2018年9月22日

アーモンドで体重の調整ができる!?

ナッツの中でも、アーモンドは結構身近な存在ではないでしょうか。

チョコレートの中にも入っているアーモンド。

2糖尿病予備軍の成人137人を、ナッツ・シード類 をまったく食べない群から、1 日約43グラムのアーモンドを 1 ヵ月間食べた群に分けて追跡した研究があります。

その結果、「アーモンドはスナックとして摂取した場合、摂取テスト中に空腹感と食欲を抑える効果も あった。……アーモンドの集中的および長期的摂取は、体重を調整するのに役に立つ」と結論づけています。

いやいやそんなはずはない。

と思う人も多いかと思います。
確かにこの結果は、一見筋が通っていないように思えます。

脂肪分たっぷりのナッツをよく食べる人の体重が増えず、場合によっては減ることさえあるなんて。。。

その理由としては、ほとんどのナッツは「満腹値」が高い、つまり「食後に満腹感を覚える」ため、食欲を抑える効果が あるのかもしれないと指摘すされています。

また別の可能性として、ナッツを摂取すると基礎代謝が上がり体内の化学反応が加速するため、 エネルギーやカロリーの消費が増えるのも一因とも言われています。

さらにさらに、ナッツはきちんと嚙まずに飲み込むことが多いから、カロリーの一部しか吸収されないという説もある。

そして最後の点として、ナッツは砂糖たっぷりではないのに満腹感が得られる 理想的なスナックだから、ポテトチップスのような太りやすいスナックと置き換えれば、摂取カロ リーをかなり抑えられるというメリットもあると言われています。

まとめ

今回紹介した内容はこちらの本をまとめました。

すべては有名な学術誌などで紹介された研究の内容です。

もちろん批判的に見る、よくよく吟味する必要はあるとは思いますが、個人的にもポテトチップスを食べるならナッツを食べた方がいいかもと思ったりもしました。

今までナッツは太る!!

と思っていたあなた。

そこまで、避ける必要はないのかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!