クローゼット内の暗さを改善できる照明


スポンサーリンク

自宅のクローゼットも最近は備え付けのハンガータイプのものが多くなってきました。

クローゼットのハンガータイプは洋服をたたんでしまわないため、大切な洋服にシワがつきにくくなるなど多くのメリットがあります。

しかし、そこで問題となるものがクローゼット内での暗がりです。

引き出しタイプの収納であれば、引き出すことである程度見渡すことができ、探している洋服を見つけることができます。

しかし、ハンガータイプのクローゼットではすでにハンガーにかかっている中から見つけないといけないため、よほどしっかり管理しているという方以外は、目的の洋服がどこにあるかすぐに見つけることは困難です。

ましてや夜やあまり陽が差し込まない部屋や、クローゼットの扉を開くと室内の蛍光灯の証明を遮ってしまう構造の部屋など、洋服を探す手元が暗くなり不便な思いをすることは少なくありません。

私自身も引っ越した先の住居が、クローゼットを開くと部屋の照明を遮るような構造をしていたため、かなり不便な思いをしました。

クローゼット内を明るくするために照明を探そう

クローゼット内が暗くなってしまう原因はいろいろありますが、一度もクローゼット内の暗がりに悩みを持ったことのない人はほとんどいないと思います。

クローゼット内の暗がりを改善するために、家具の大手量販店などで簡易的な照明を買ってきて私自身も取り付けなどしてみましたが、

  • 十分な明るさがない。
  • 電池式のためいずれ切れるため交換しなければならない。
  • 広角にクローゼット内を照らすことができない。
  • 照明の入り切りが必要であり、不便。

上記のような理由で、照明を買ってきてもいまいちな効果しか得られませんでした。

照明の強さや電池交換の不便さ、広角にクローゼット内を照らせるものをいろいろな場所で探しました。

そこで見つけたのが以下の商品です。

クローゼット内の照明は、LED・人感センサーつきUSB充電タイプがおすすめ

クローゼット内の暗がりの悩みを解消できる証明。

数ある照明の中でも、LED電球を採用し人感センサーがあり、USBで充電できるものがクローゼット内で使用する照明として、一番おすすめです。

この機能を持った照明であれば、さきほどの悩みのほとんどを改善できます。

  • 十分な明るさがない。→LEDであるため明るい。
  • 電池式のためいずれ切れるため交換しなければならない。→USB充電は必要だが充電頻度は少なく、マグネット式であるため取り外しも容易にできる。
  • 広角にクローゼット内を照らすことができない。→照明が長いため広角に照らすことができる。
  • 照明の入り切りが必要であり、不便。→人感センサー搭載であるため、開けた時は常にクローゼット内が明るい状態に。

ちなみに価格帯の相場は2000円のものが最適です。

あまり安すぎると照明の明るさ(光量)が足りないや、充電のもちが悪い、センサーの反応がいまいちなどの問題があるものが多いです。

衣替えも過ぎ、コロナウイルスも落ち着きつつある今、ファッションを楽しむためにもクローゼット内の照明は役に立つこと間違いなしです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!