本当に性格の悪い人が持つ8つの特徴


スポンサーリンク

同僚の異動や退職、部署の異動などの時期が近づいてきています。

そんな中、考えることは職場環境について。

全員にとって最良な職場環境はなかなか難しいとは思いますが、性格の悪い人が少ない方が職場環境は良好になるのではないでしょうか。

スカッとジャパンなどで取り上げられるように、性格が悪いまたは対応などが悪い人をギャフンと言わせるテレビが流行るのも、少なからず日常や職場などで不満がたまっているからかもしれません。

今回はネガティブな内容ですが、本当に性格の悪い人の特徴をまとめてみました。

落ち込むのではなく、反面教師として自らの行動を振り返り、本当に性格が悪い人にならないために参考になれば幸いです。

本当に性格が悪い人だけが持つ 8 つの特徴

誰もが不快に思う人。

人それぞれ性格は違いますが、誰もが性格が悪いと不快に感じる人っていると思います。

そういう人は、極論ですが本当に性格が悪いのです

そこで今回は、本当に性格が悪い人だけが持つ特徴として8つを紹介します。

1.すぐに人の悪口をいう

性格が悪い人は同僚や友人など、その人がいないところですぐに悪口を言います。

実は彼らは悪意があって悪口を言っているのではなく、もはや口癖のようになっているのです。

中には、わざわざ本人に伝えなくていいことを伝えてくる人もいます。

2.人のアラや欠点を探す

性格が悪い人は相手の欠点ばかりを探し、欠点が全てであるかのように語ります。

完璧な人なんてそうそういないので、相手の長所も短所も受け入れるのが大人の付き合いなのではないでしょうか。

3.価値観を押し付ける

性格が悪い人は明らかに自分が間違っているのに、価値観の違いで押し切って人の話を一切聞きません。

自分の価値観が全てだと思っているので、もちろん謝罪の必要性なんて全く感じません。

4.なんでも割り勘

性格が悪い人は、なんでもきっちり割り勘にしたがります。

要するに、自分が損するのが嫌なのです。

そしてなんでも割り勘なのが公平だと思い、自分のルールを周りに押し付けているのに気づいていないのです。

5.全てを否定する

話していて一番疲れるタイプは、「でも」「いや」「違う」などの否定の言葉しか口から出ない人です。

人はこのような否定から入るタイプを性格が悪いと感じ、喋る気力も失せてしまいます。

6.いつもネガティブ

なんでも否定する人に加え、いつもネガティブなことばかり発言する人は一緒にいるのも苦痛に感じます。

人は誰しも辛い経験をしていますが、それを表に出さないだけなのです。

7.人を見下す

表向きはいい人ですが、日常的にポロっと人を見下すような発言をしたり、相手がいなくなった 瞬間に「あいつ、くだらない」なんて言ってたりします。

相手によって態度をコロコロ変えるので、一緒にいると落ち着かないでしょう。

8.行動力がない

性格が悪い人は行動力がないので、今日やらなければならないことも後回しにします。

また行動力がない人はやる気も元気もないので、周りの士気を下げてしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の8つすべてに当てはまる人はそうはいないとは思いますが、というかそう信じたいですが。

まずは、一つでも自分の中で当てはまるものがないか日頃の態度を見返してみるのもいい機会かもしれません。

私も本当に性格の悪い人にならないように、今回のことを肝に銘じておこうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!