男性型脱毛症(AGA)の治療:毛髪再生医療の可能性


スポンサーリンク

IPS細胞で一躍脚光を浴びた再生医療。

その中でも、社会的関心が高いのが毛髪の再生医療です。

毛髪の再生医療

現在でも地域は限られていますが医療機関では、HARG(ハーグ)療法と呼ばれている毛髪再生医療もあり、さらなる研究開発が進んでいます。

毛髪再生医療実用化のカギとなるものは、毛根の周囲にあって毛髪をつくる毛包という器官にあります。

脱毛症は、毛包が傷ついたり弱まったりして発症するといわれているため、2種類の細胞を混ぜて毛包のもと(原基)を人工的に生み出すという極めてシンプルな手法です。

今回は、薬剤師の立場から実際に毛髪の再生医療について現時点で行われている研究について、書いていきます。

毛髪の再生医療の研究の背景:AGAの原因

すでに各種脱毛症の原因が毛包にあることはよく知られています。

例えば男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの影響で毛包が徐々に小さくなります。

抗がん剤の副作用の場合、毛包は維持されているものの細胞が正常な働きをしません。

このため抗がん剤投与を中止すれば症状が改善することがあります。

AGAには後頭部の毛包を移植する植毛療法が存在します。

しかし、いかにホルモン影響の少ない後頭部とはいえ、大量に毛包を移植するのは負担が大きいと考えられています。

そこで、現在行われている研究では

毛包を増やしてから移植できる方法について進められています。

AGAに対する毛髪再生医療の手法

すでに理化学研究所が過去に器官原基法という手法を編み出しています。

そもそも毛や歯、内臓を含む人体の器官は、もとをたどれば上皮系幹細胞間葉系幹細胞から生まれます。

そこで、成体マウスの毛包からこの2種類の幹細胞を取り出し2層構造で培養し毛包原基をつくることに成功したのです。

そして現在行われている研究はさらにその先をいくものです。

途中まで同じですがが培養方法が違います。

簡単にいえば、

2種類の幹細胞を混ぜて放置するだけで毛包原基が大量にできる

というものです。

毛包原基が大量にできる理由

培養プレートに工夫があります。

通常は樹脂製のものが多用されますが、栄養となる酸素を通しやすいシリコーンゴム製のプレートに変更されました。

そこに2種類の幹細胞の混濁液を流し込むとくぼみの中で塊を形成し、その中で各細胞が自然と二手に分かれます。

こうして毛包原基が完成するというもの。

所要時間は約3日間といわれています。

開発がすすむ毛髪再生医療:毛包培養

理研や京セラも毛包培養に取り組んでいます。

現在の一番の課題は、仕組みを自動化することだと。

現状では一つひとつ手作業で毛包原基をつくる必要があり、自動化の意義はとても大きいといわれています。

これには印刷技術が応用できると考えられ、すでに関連企業と共同研究が始まっています。

毛髪再生医療実用化に向けて

現状はマウスの毛包をマウスに移植した段階。

要するに動物実験の段階です。

患者自身の毛包から幹細胞を取り出し、毛包原基を大量培養して自家移植するのが最終的な目標となっています。

現在日本で行える再生医療としては、HARG療法(ハーグ療法)というもの。

これは、Hair(毛髪)Re-generative(再生) theraphy(治療)という言葉の略称で、再生医療の技術を薄毛治療に応用した毛髪再生医療のことです。

成長因子と有効成分を含むHARGカクテルを頭皮に直接することで毛包を蘇らせ、毛母細胞を刺激して、発毛を促進し毛髪を再生させるというものです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!