病院薬剤師の1日:病棟業務

薬剤師は薬の専門家

薬の専門家である薬剤師ですが、その専門性が求められる場面の一つとして、病院での病棟業務があります。

病棟業務とは、簡単に言えば病院内の一つの病棟に行き、そこで患者さんへの服薬指導を行なったり、医師や看護師などからの質問に答えたりします。

病棟業務の実際

病棟業務の中でも患者さんに対して行う薬剤師の仕事は、単純に出ている薬を説明するだけではありません。

場面ごとに確認することは異なるためここでは、その場面ごとに分けて説明します。

入院時

入院時に患者さんに対する薬剤師の仕事としては大きく分けて問診と持参薬確認、治療薬の説明があります。

問診

問診とは患者さんとの面談を通して、現在の病状や過去に服用したことがある薬、その中で副作用などなかったか、食べ物のアレルギーはないかなど、聞くべき項目は多岐にわたります。

内容については、医師や看護師からの問診でわかるものもあるので、全てを聞くわけではなく、多職種から得られる情報から薬剤師として確認すべき内容を中心に患者さんへ聞いていきます。

持参薬確認

現在飲んでいる薬がない場合には不要ですが、飲んでいる薬が一つでもある場合にはそれを入院時に持参してきてもらい、実際に目で見ながら患者さんに話を伺い、持参薬確認を行います。

今では、入院前に薬剤師が確認している病院もありますが、やることは同様です。

入院の目的によって、飲んでいる薬でも一時的に休む必要がある薬がないかどうか。

残っている薬から、日常しっかりと薬を服用できていたかなども確認します。

短期入院でない限りは、現在は患者さんが持参した薬は入院中服用せず、病院内で調剤したものを服用してもらうため、普段飲んでいる薬と病院内である薬を照らし合わせて、医師へ処方を依頼します。

治療薬の説明

問診と持参薬確認が終わったら、病院で行う治療で使われる薬の説明を行います。

入院目的にもよりますが、ほとんどの患者さんが薬を使うため、内服薬に限らず注射薬など使用される全ての薬の説明をします。

説明内容は、

  • 効能効果
  • 用法用量
  • 副作用
  • 服用する際に注意すべき点
  • 薬の管理方法

などについてです。

患者さんに合わせて、入院中は自己管理もしくは看護師管理になるため、それに合わせて説明内容も少し変えたりします。

入院中

入院中は、開始になった新しい薬の効果や副作用について、実際に患者さんに会いに行って、時には診察をしながら確認します。

患児さんが教えてくれる様々な情報から、実際に副作用を発見できることも少なくはないです。

また、その際にはちゃんと飲めているか、飲みづらい薬はないかなども確認します。

そして、治療期間にもよりますが退院に向けて患者さんと家族、地域の医療サービスなどとも連携しながら、退院後も薬を負担少なく服用できるように、準備を行います。

退院時

退院が決定した際には、治療内容に合わせて持ち帰る薬の調整を医師と行います。

もともと飲んでいた薬に関しても、退院時に処方して持ち帰るのか、もともとのかかりつけからもらうのかも確認をして、服薬が途切れないようにサポートします。

退院処方の日数も、次回外来まで足りるのか、退院後施設に帰る場合はどの程度の期間の退院処方が必要かも確認し、医師へ処方を依頼します。

実際の退院日には、患者さんや家族に対して退院指導を行います。

退院後服用継続が必要な薬や、もともと飲んでいた薬との関係、飲み方や管理方法が特別なものに関しては、特に注意をしながら説明を行います。

患者さんが服用している薬を管理しやすくするためのお薬手帳にも、処方内容だけでなく、入院中の副作用や服用状況なども記載して、病院外の調剤薬局と連携を取れるようにします。

患児さんの薬のトータルマネージメント

病院薬剤師の病棟業務を、患者さん中心に記載しました。

薬のことは薬剤師に!

入院前から退院後までの薬物治療に関するトータルマネージメントを、病院薬剤師は行っています。

 

病院薬剤師の1日

薬の専門家である薬剤師

薬剤師と一言で言っても、なるためにはいくつかの関門を突破しないとなれません。

大学受験、薬学部入学、薬剤師国家試験合格を経て、はれて薬剤師になります。

薬剤師になることは一つの目標かもしれませんが、ゴールではありません。

そして、薬剤師と一言で言っても仕事の仕方や業種は様々あります。

  • 病院薬剤師
  • 調剤薬局薬剤師
  • 製薬会社MR
  • 製薬会社開発、研究担当
  • 大学教員
  • 卸業者薬剤師
  • 研究所所属薬剤師
  • 公務員薬剤師

簡単にあげるだけでもかなりの数がありますが、実際にその中でやっていることや業種を細分化するとさらに多くなります。

他の仕事や業種のことはよくわからないので、ここでは病院薬剤師のことについて記載していきます。

病院薬剤師の1日

病院薬剤師の1日。

まずは平均的な平日の勤務についてお話します。

朝起床してからそれぞれの通勤経路で、病院へ。

大きな病院、小さな病院、色々ありますが、大抵の病院では朝の朝礼があります。

私の勤めている病院も朝、仕事始めの前に朝礼があります。

1日の始まりは朝礼から

朝礼では全体へのお願いや、新しい医療関係の情報の集中、ヒヤリハットやインシデントの報告があります。

また、当直がある病院とない病院がありますが、私の病院は当直があるため当直者から引き継ぎがあります。

朝礼にあまり時間をかけてはいられないため、全体的に重要な内容のみ申し送りや連絡されて、あとは各薬剤師が登録しているメーリングリストなどを使って情報を共有したりもしています。

朝礼が終わったあとは、それぞれの場所で働くことになります。

私の働いている病院では、大きく分けて調剤部門と病棟部門があります。

調剤部門は、なぜかセンター業務と言われているため、これからはセンター業務として書いていきます。

調剤部門のセンター業務

センター業務と一言で言っても、やることはたくさんあります。

分野に分けても、

  1. 内服・外用の調剤
  2. 注射調剤
  3. 製剤業務
  4. 外来化学療法での調製と説明
  5. 入院化学療法の調製
  6. 薬務といわれる薬品管理
  7. 麻薬調剤

以上の7つが、あります。

薬剤師というと調剤業務が一番知られているとは思いますが、調剤と一言で言っても色々な調剤や厳密には医薬品を混ぜたらする調製も行っています。

調剤の流れ

調剤は簡単にいうと、医薬品を患者さんごとに的確に供給することです。

薬剤師が調剤を行うためには、必ず医師の処方せんが必要になります。

医師が処方した処方せんを、薬剤師が確認。

用法用量や、それぞれの薬の相性、患者さんにとって安全に使用できるものかを確認します。

その確認業務のことを鑑査といいます。

処方せんに問題がないことが確認できたら、それぞれの薬を集めたり、計ったり、分包したりして、患者さんが使用しやすいように袋に入れて払い出します。

薬を入れる袋:薬袋

薬を入れる袋のことを、薬袋と書いて、

やくたい

と読みます。

薬袋には、その薬の効果の説明や、1日何回どんな時に使うかが記載されています。

内服や外用、注射と全てにおいて薬袋は作成して、患者さんの元や病棟の看護師のもとへ搬送されます。

製剤品の調製

センター業務の中の一つとして、製剤品の調製があります。

これは、既存の製剤に何かを混ぜたらするものと、新しく製剤を作成するものがあります。

既存の製剤に混ぜたりすることは、点滴から栄養を取るために使われるTPN(中心静脈栄養)と抗がん剤の調製があります。

それぞれ医薬品として販売されている薬品に他の薬品を溶かして入れたり、測って入れたりします。

TPNは中心静脈といった太い血管に直接薬液を点滴するため、無菌室やクリーンベンチを用いて、調製します。

逆に抗がん剤の調製は、調製する薬剤師が抗がん剤に曝露しないために、安全キャビネットというものを用いて混ぜたり溶かしたりします。

調剤部門のセンター業務の人員

今まで書いてきたような業務を、調剤部門担当の薬剤師は行います。

人員については、病床数や病院の大きさによって違いますが、最近では病棟での薬剤師業務が拡大されているため!調剤部門として1日従事する薬剤師は大体5から6人程度です。

もちろんそれでは全ての調剤を終えることはできないため、病棟部門の薬剤師がヘルプを行うなどして対応しています。

病棟部門については次回、記載します。

薬剤師の基本である調剤も、奥が深くやることはたくさんあります。