猛威を振るったインフルエンザ、新薬であるゾルフーザは使えるのか。

ゾフルーザ:インフルエンザ治療薬

新しく2018年3月に日本で薬価収載(発売)された薬、ゾフルーザ。
海外とのドラッグラグ(アメリカなどで使用できる薬剤が、日本で使用できない)の状況を打破すべく、設置された先駆け審査制度の対象となり、かなりのスピードで厚労省に承認された(使用が認められた)ゾフルーザ。

この記事ではゾフルーザのメリットとデメリットについてまとめています。

自分が使うならどうするか考えながら読んでいただくと、より現実的かもしれません。

抗インフルエンザ薬ゾフルーザ:メリット

新発売となり、新しい作用機序として開発された薬品ゾフルーザ。

一番のいいところは、

[aside]メリット
1回飲めばそれで治療が終了 [/aside]

という点です。
私自身はあまりインフルエンザに罹ったことはありませんが、やはり高熱関節痛などかなり辛い症状で困ると思います。従来はイナビル(一般名:ラニナミビル)という吸入の薬やタミフル(一般名:タミフル)がありましたが、結局のところ

[colwrap] [col2]

「吸えたかどうか、わからない」

 

[/col2] [col2]「5日間1日2回も飲まないといけない」

[/col2] [/colwrap]

などで、効果を実感する人もいたりいなかったり。
それが、1回で済むのであればかなりいい薬だと思う人も多いと思います。
ちなみに、それ以外にも耐性のインフルエンザウイルスにも効くというかなりのメリットはありますが、薬剤師としてはかなり心配な点も多々あり………。

まずは基本となる添付文書を参照してみましょう。
かなり添付文書としては、シンプルだと思います。見る限りでは特に問題は無さそう………と思いましたか?

問題は大アリだと思います

抗インフルエンザ薬ゾフルーザ:デメリット

なぜなら併用禁忌や注意の薬の数が少なすぎること。
そして重度の肝機能障害の患者には使用経験がないにもかかわらず、慎重投与に。

理由を詳しく説明します。
ゾフルーザは新しい仕組みでインフルエンザウィルスに効く薬です。これは間違いありません。
そのほとんどが肝臓で代謝されます。
代謝にはp450の代謝酵素であるCYPが関与します。
詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

現状実在する薬でこの代謝酵素で代謝される薬は山ほどあります。ですが、そのほとんどと併用しても注意や禁忌がない。。

それならいいじゃんと思う人もいるかもしれないので、言っておきますが、記載がないのは検証したけど問題ない場合と、検証してない場合があります。
そしてゾフルーザの場合は後者。。
そう、

[aside type=”warning”]注意
検証できていないんです [/aside]

そしてメリットでもある一日一回飲めばいいという点。
逆に言うと飲んだら効果が長く効くということです。特に問題なければいいのですが、副作用が出た時も体からなかなか抜けないという欠点があります。

発疹や紅斑くらいならまだしもショックなど起こしたとしてもです。
そして何より薬価、そう値段が高いんです。

タミフル(一般名:オセルタミビル)を五日間飲んだ場合とイナビル(一般名:ラニナミビル)を使った場合、どちらに比べてもです。

さらには日本において、もしくは世界的にも耐性のインフルエンザはほとんど流行していません。
日本に至っては耐性インフルエンザウイルスに感染した報告は皆無。。。
さらにさらに、10kg以上あれば子供でも使えますが、その効果を検証した試験(臨床試験)はシングルアームでしか行われていない。
シングルアームとは通常プラセボとゾフルーザのように、対象の薬剤を設定するのが普通ですが、ゾフルーザを投与した患児でしか検討していないという意味です。

しかも2018年に予想を上回るほどの処方がさら、実際に服用した患者数も増えたため、すでに発売から1年もたたないうちにゾフルーザ耐性のインフルエンザウイルスが報告されました。

これだけ使用量が増えたのはかなりメディアで取り上げられ、1回で効果がある部分を大々的に報道したのも原因と考えられています。

ゾフルーザのまとめ

メリット

  • 一回飲めばそれで治療は完了
  • 耐性のインフルエンザウイルスに効く

デメリット

  • 高価
  • 副作用出たら抜けにくい
  • 他の薬との相互作用が不明

あなたならこの新しい薬、使いますか、希望しますか??

秋から冬にかけてインフルエンザは毎年、猛威を振るっています。
昨年は10月の時点ですでに流行が始まっていました。
もちろんかからないようにする、マスク・咳エチケット・ワクチンは重要ですが、なった時に使う薬についても少し考えておいたほうがいいかもしれません。

マスクで予防を!!妊婦さんの風疹回避の重要性について。

妊婦さんの風疹回避について

今回は風疹のお話です。
風疹と聞いてもあまりピンと来る人はいないかもしれません。水ぼうそうとは違いますし、なかなか身近ではないです。ただそんな風疹も日本、さらには関東で大流行しているようです。

このお知らせの後もどんどん風疹の発生の報告は続いています。

子供の予防接種は小児科学会からプログラムもしっかり出されていますが、まだ予防接種の啓発がイマイチだったころの接種率の低い、30〜50代の男女が危険です。特に周りに妊婦さんがいる方。これから妊娠を希望している男女などは今からでも予防接種受けた方がいいです。
それは何故か。

もちろん、成人でも風疹にかかることは避けるべきですが、特に妊婦さんがかかってしまうと赤ちゃんが先天性風疹症候群という病気にかかってしまいます。

先天性風疹症候群(CRS)

先天性風疹症候群は、さきほども示したとおり妊婦さんが風疹に罹ってしまったときに、まだお腹の中にいる胎児は風疹にたいする免疫を獲得できていないために、かかる病気です。
なぜそこまで問題かというと。。。
先天性風疹症候群になった赤ちゃんは、先天性心疾患や白内障、難聴などを持って生まれてきます。

先天性風疹症候群は国立感染症研究所のページが詳細にまとめてくれています。

一番の問題は、先天性風疹症候群になってしまうと基本的に治療法がないことです。

高確率で先生性の疾患を合併するこの病気はなってしまったが、最後。

治療の基本は対症療法が中心となります。

誰しもが健康体で生まれてくることを望んでいる赤ちゃん。

先天性風疹症候群は母親が風疹に罹らなければ、赤ちゃんがなることはありません。

予防はワクチンが必須です。

もちろんマスクでの予防も重要ですが、まずはワクチン接種をお勧めします。

ワクチン

妊娠を経験された方は、妊婦健診の際に風疹の抗体価を聞かれた記憶ありませんか。
もちろん、妊婦さんがしっかり抗体をもっていれば風疹にかかることはなく、胎児も守られるわけです。
妊婦さんだけでなく、そのパートナーと家族も抗体は必要です。特に接触頻度の高いパートナー!!

男も??って思う人もいるかもですが、風疹は感染症です。
女性が予防接種してても一番近くの男性が風疹になってしまうと予防接種してるとはいえ、かなり危険度は上がるわけです。
集団免疫という言葉がありますが、周りの人が病原体への抗体などを持っていると、その集団での病原体への罹患率(病気になる人の割合のようなもの)は下がるといわれています。

風疹も感染症のため、過去に一度経験していればワクチンを打っていなくても、抗体を持っているため心配ありませんが、人の記憶というものはものすごく、あいまいです。
自分が風疹にかかった記憶があっても、それは実は水ぼうそうだったり。

抗体があるかないか、わからない人はむしろないと思ってもいいかもしれません。
ちなみに、風疹に関してはなってしまった場合は、症状緩和の薬しかなく特効薬はありません。
そのため、なる前のワクチン接種がとても重要です。
成人でも接種していない方、記憶があいまいな方、予防接種は今からでも遅くないのでぜひ近くのクリニックへ。

妊娠中のワクチンについては、こちらに記載があるのでご参照ください。

[kanren postid=”237″]

マスク

そしてマスクについて。
妊婦さんであればすることを否定はしませんが、こと風疹に関しては基本的には接触感染ですので防ぐためにはマスクは必須です。
唾液や手指を介して、感染症が広がるためマスクとともに手洗いやうがいが有効です。
インフルエンザのシーズン。これからは妊婦さんにマスクは必須ですよ。

そして何よりもパートナーや妊婦さんに接する機会の多い方。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、風疹ワクチン。今からでも遅くないです。