病院薬剤師の1日:病棟業務


スポンサーリンク

薬剤師は薬の専門家

薬の専門家である薬剤師ですが、その専門性が求められる場面の一つとして、病院での病棟業務があります。

病棟業務とは、簡単に言えば病院内の一つの病棟に行き、そこで患者さんへの服薬指導を行なったり、医師や看護師などからの質問に答えたりします。

病棟業務の実際

病棟業務の中でも患者さんに対して行う薬剤師の仕事は、単純に出ている薬を説明するだけではありません。

場面ごとに確認することは異なるためここでは、その場面ごとに分けて説明します。

入院時

入院時に患者さんに対する薬剤師の仕事としては大きく分けて問診と持参薬確認、治療薬の説明があります。

問診

問診とは患者さんとの面談を通して、現在の病状や過去に服用したことがある薬、その中で副作用などなかったか、食べ物のアレルギーはないかなど、聞くべき項目は多岐にわたります。

内容については、医師や看護師からの問診でわかるものもあるので、全てを聞くわけではなく、多職種から得られる情報から薬剤師として確認すべき内容を中心に患者さんへ聞いていきます。

持参薬確認

現在飲んでいる薬がない場合には不要ですが、飲んでいる薬が一つでもある場合にはそれを入院時に持参してきてもらい、実際に目で見ながら患者さんに話を伺い、持参薬確認を行います。

今では、入院前に薬剤師が確認している病院もありますが、やることは同様です。

入院の目的によって、飲んでいる薬でも一時的に休む必要がある薬がないかどうか。

残っている薬から、日常しっかりと薬を服用できていたかなども確認します。

短期入院でない限りは、現在は患者さんが持参した薬は入院中服用せず、病院内で調剤したものを服用してもらうため、普段飲んでいる薬と病院内である薬を照らし合わせて、医師へ処方を依頼します。

治療薬の説明

問診と持参薬確認が終わったら、病院で行う治療で使われる薬の説明を行います。

入院目的にもよりますが、ほとんどの患者さんが薬を使うため、内服薬に限らず注射薬など使用される全ての薬の説明をします。

説明内容は、

  • 効能効果
  • 用法用量
  • 副作用
  • 服用する際に注意すべき点
  • 薬の管理方法

などについてです。

患者さんに合わせて、入院中は自己管理もしくは看護師管理になるため、それに合わせて説明内容も少し変えたりします。

入院中

入院中は、開始になった新しい薬の効果や副作用について、実際に患者さんに会いに行って、時には診察をしながら確認します。

患児さんが教えてくれる様々な情報から、実際に副作用を発見できることも少なくはないです。

また、その際にはちゃんと飲めているか、飲みづらい薬はないかなども確認します。

そして、治療期間にもよりますが退院に向けて患者さんと家族、地域の医療サービスなどとも連携しながら、退院後も薬を負担少なく服用できるように、準備を行います。

退院時

退院が決定した際には、治療内容に合わせて持ち帰る薬の調整を医師と行います。

もともと飲んでいた薬に関しても、退院時に処方して持ち帰るのか、もともとのかかりつけからもらうのかも確認をして、服薬が途切れないようにサポートします。

退院処方の日数も、次回外来まで足りるのか、退院後施設に帰る場合はどの程度の期間の退院処方が必要かも確認し、医師へ処方を依頼します。

実際の退院日には、患者さんや家族に対して退院指導を行います。

退院後服用継続が必要な薬や、もともと飲んでいた薬との関係、飲み方や管理方法が特別なものに関しては、特に注意をしながら説明を行います。

患者さんが服用している薬を管理しやすくするためのお薬手帳にも、処方内容だけでなく、入院中の副作用や服用状況なども記載して、病院外の調剤薬局と連携を取れるようにします。

患児さんの薬のトータルマネージメント

病院薬剤師の病棟業務を、患者さん中心に記載しました。

薬のことは薬剤師に!

入院前から退院後までの薬物治療に関するトータルマネージメントを、病院薬剤師は行っています。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!