子供の誤飲の対処法:119番するか受診するか


スポンサーリンク

薬をはじめ赤ちゃんなどの子供で問題になる誤飲。

なるべくなら避けたいところですが、注意していても起きる危険性はあります。

誤飲がよくおこる時期や場所と対処法

子供の誤飲が起こりやすい時期と場所

年末年始はもう過ぎてしまいましたが家族の誕生日など、そうした人の集まる時に起こりやすい子供の事故

それが、誤飲です。

赤ちゃんは、生後5か月を過ぎると手にしたものは何でも口に入れていくため、誤飲の事故が増えやすいといわれています。

特に、2歳までの男の子に多いとされています。

気をつけなくてはいけない誤飲事故ですが、誤飲への対応について救急などの医療現場の常識と一 般家庭の常識に違う部分がいくつかあります。
インターネット上でも様々な情報があり、正しい対処法をもう一度考えてみましょう。

異物誤飲

誤飲とは異物を誤飲すること。

異物誤飲には、大きく分けて

  • 気道異物(窒息など)
  • 消化管異物
  • 薬物誤飲(いわゆる中毒)

があります。

気道異物

口から入った異物が気道に入ると、気道異物です。

多くは食べ物

つるっとしたモノや丸いモノ、たとえばピーナツや枝豆、ブドウやミニトマト

などです。

3 歳以下の男児に多いとされています。

食道:消化管異物と薬物誤飲

食道に入るものには、消化管異物と薬物誤飲があります。

消化管異物で最も多いのはコインです。

ボタン電池や磁石なども最近増えています。

薬物誤飲の第1位はタバコ
次いで家族が使 っているです。

近頃は、トイレ洗浄剤や洗濯用ボール型洗剤などを飲み込むケースも見られます。

お菓子やゼリーと間違えてしまいそうな、カラフルな色と形をしていることも原因の一つと思います。

誤飲の対処法

気道異物と消化管異物、薬物誤飲では対処の方法が異なります。

気道異物

気道異物についてです。

大事なことは無理に取り出そうとしないことです。

食事しているときや目を離していた間に急に苦しがり出し、声が出せない場合、
可能性が高いのは気道異物、つまり窒息です。

一刻を争う緊急事態です。

すぐに人を呼び、119 番通報をする必要があります。

それとともに、乳児の場合は、背中を手のひらでた たく背部叩打を数回ずつ繰り返します。

乳児よりも大きな子供であれば、後ろから両手を回しておなかを圧迫する腹部突き上げ方というやり方もあります。

それらを行っても取り除くことが困難で意識の状態が悪いようなら、直ちに心肺蘇生を始めなくてはいけません。

異物を無理に取り出そうと頑張ってしまうと、窒息状態をさらに悪化させてしまいます。

注意
餅を詰まらせたときに掃除機を口の中に入れて吸い出そうとするケー スなどは効果がなく、背部叩打などの有効な処置を妨げてしまうため、お勧めできません。

消化管異物や薬物誤飲

消化管異物や薬物誤飲は吐かせないが正解です。

まず、口に異物を入れているところを目撃した場合は、あわてて大声を出したり叱ったりしないようにしてください。

子供がびっくりしたり泣き出したりして、飲み込んでしまうことがあるからです。

大人があわてることなく優しく言い聞かせて、口から出させましょう。

もしゴクリと飲んでしまった場合。

実は、吐かせないが正解です。

強制的に吐かせること(催吐)は、吐いたものが気道に入って窒息するリスクがあるとされ、現在は勧められていません。

以前は、吐かせるための薬(催吐剤、日本では吐根シロップという名前)を、 家庭にも常備するよう勧められていた時期がありました。

しかしアメリカ小児科学会は2003年、 催吐の効果には医学的根拠がないことやより適切な処置を受けるタイミングが遅れるなどの理由で、催吐剤を使用しないよう通達を出しました。

これは家庭だけでなく医療機関でも同様です。

日本中毒情報センターのHPにも、家庭で吐かせることは勧められていませんと明記されています。

緊急度の判断:何を、いくつ誤飲したか

吐かせないことと同様、重要なことが医療機関に誤飲したのと同じものを持参するです。

誤飲したものによって、緊急度が変わります。

例えば血糖値を下げる薬や血圧を下げる薬を、子供が誤って飲んでしまうと大変危険です。

またボタン電池の中でも、リチウム電池はアルカリボタン電池よりも電圧が高く、より危険とされています。

磁石も磁力は様々であり、複数の磁石の誤飲はより危険です。

このように、いくつ飲み込んだかも重要な情報になってきます。

まとめ

今回は子供の誤飲について記載しました。

簡単なまとめを以下に示します。

誤飲したものを必ず持参すること、無理に吐かせないことが重要です。

119番に通報
喉に物が詰まったような呼吸・様子(吐かせる)/痙攣/ぐったいり・ぼんやり 灯油/ベンジン/除光液/農薬/殺虫剤/ネズミ駆除剤 突然の咳込み/嗄声/喘鳴/嘔吐・下痢・腹痛
自家用車やタクシーで受診
ボタン型電池(総合病院)/鋭利な異物/磁石/家庭用化学製品/たばこ/薬

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

薬学部卒業後、そのまま大学院へ。 医療薬学を学び、患者さんのために最新の医療を実践するために病院薬剤師へ。 薬剤師で医学博士。 ここでは患者さんからの質問を調べつつ、役立つ情報を発信していければと思います。 専門は感染制御や救急、小児。お問い合わせもお気軽にどうぞ!!